無印良品

無印良品『あったかファイバー厚手毛布』の肌触りは、1日くるまっていたいレベルだ

「あったかファイバー厚手毛布」の肌触りの良さは異常

こんにちは、虎(@jiko82098602)です。

冬の寒い日、布団や毛布は夜眠る時の命綱ですよね。

僕は毛布を普段使用していないのですが、最近寒さに負けて無印良品で毛布を購入しました。

その肌触りが最高に気に入ったので、今回はオススメの毛布として紹介したいと思います。

『あったかファイバー厚手毛布』とはどんな毛布なのか


出典:無印良品ネットストア

『あったかファイバー厚手毛布』とは、無印良品の秋冬定番素材である”マイクロファイバー素材”を使用した毛布です。

『あったかファイバー毛布』の商品ラインナップ一覧

商品ラインナップを下表にまとめました。

サイズ 色展開 販売価格
シングル(140cm×200cm) アイボリー、ベージュ、ライトグレー、ネイビー、チャコール、ブラウン 4,990円(税込)
ダブル (180cm×200cm) アイボリー、ベージュ、ライトグレー、ネイビー、チャコール、ブラウン 6,990 5,990円(税込)

私はセミダブルベッドを使用していますが、毛布のサイズはシングルで問題ありません。

※2019年11月24日追記
2019年秋冬シーズンは色数がアイボリー、ベージュ、ブラウンの3色に減りました。更にダブルサイズの価格が5,990円と、1,000円安くなりました。

気になるお手入れ方法と、取り扱いで注意すること

『あったかファイバー厚手毛布』は素材すべてがポリエステルで作られています。

そのため家庭の洗濯機で洗うことができて、お手入れが非常に楽です。

ただし、洗濯機のサイズは8kg以上が推奨されているので、
一人暮らし用の洗濯機の場合は小さくまとめてネットに入れる等の工夫が必要です。

取り扱いで注意することは、素材を表面を強くこすると毛羽が抜けることがあるので、
強い摩擦や粘着式クリーナーの使用は避ける必要があります。

一番の特徴は「肌触り」。気持ちよさ半端ないって!

この毛布の一番の特徴は、記事冒頭でもお伝えした肌触りです。

休日は1日中くるまってゴロゴロしていたくなるような、そんな魅力があります!

肌触りのいい毛布・マイクロファイバーを使用した毛布は、確かに世の中にたくさんあります。

しかし、軽さ・暖かさ・肌触り全てにおいて満足できたのは、僕はこの毛布が初めてでした。

毛布の正しい使い方、知ってますか?


出典:ねむりラボ

肌触りについて力説させていただいたのですが、ここで雑学・豆知識の時間です。

毛布の効果を最大限上げる掛け方、ご存知ですか?

私はねむりラボさんの記事を読むまで、

下から、敷布団/体/毛布/羽毛布団(掛布団) の順にかけて寝ていました。

肌触りを考えると一見正しい用に見えます。

しかし、保温効果を考えると他の掛け方のほうが良いです。

ポイントは、肌に羽毛布団を触れさせること。

敷布団/体/羽毛布団/毛布 もしくは、 敷布団/毛布/体/羽毛布団 の順が効果が高い順番です。

『あったかファイバー厚手毛布』の特徴である肌触りを活かしつつ暖かさも得る最高の順番は、”敷布団/毛布/体/羽毛布団”で間違いありません!

冬の睡眠の”相棒”である毛布は、肌触りにこだわろう。

今回は、心地よい睡眠を得るための相棒である毛布について、雑学を交えながら紹介させていただきました。

僕のイチオシの毛布である無印良品『あったかファイバー厚手毛布』ですが、
なんと2019年1月17日まで20%割引となっています!

もし今の毛布に満足していないようであれば、一度チェックしてみてください。

また、今回イチオシで紹介した無印良品以外でも肌触りの良い毛布があるので、
こちらも是非チェックしていただければと思います。

無印良品ネットストアはこちら

それではまた!