仕事の話

定時退勤と有給取得に対する”罪悪感”を消す方法。

気合だ。

冗談だ。

最初に結論だけ書いてしまうが、完璧な1つの方法など存在しないと思っている。タイトルを読んで来てくれた方には申し訳ない。

この後自分が実践した方法もちゃんと書くので、それで手を打ってほしい。

定時退勤・有給休暇の取得、悪いこと?

定時退社をすると同僚や上司の目が気になるとか、自分だけ有給休暇をとるなんて申し訳ないとか、全部無駄な考えだ。

少し考えれば分かるはず。

経営者でなければ、会社と労働契約を結んでいる労働者である。当然勤務時間は決められており、定時が存在する。

有給休暇も労働者の権利だ。

他人の目を気にする必要がどこにあるのだろうか。

もちろんその日絶対に終わらせなければならない仕事を残したまま、そそくさと定時退勤していたらまずい。これは職場環境の話題でよく出てくる、空気を読む・読まないの話ではない。それ以前の話だ。

権利だとか当然だといっても、「そうは言うけど無理だよ…。」という人もいると思う。

ではどうすれば、周囲の目を気にしてしまう人が後ろめたい気持ちを持たずに定時退勤・有給休暇の取得ができるのか。

自分を変えるか、他者の目を変えるか。

その日絶対に終わらせなければならない仕事がない状態を作れる能力があると想定する。

気兼ねなく帰る・休む環境にするための方法は大きく2通り。自分を変えるか、他者の目を変えるかだ。

自分を変える手法は2つ。一つは結果を出すこと。圧倒的な成果を出していれば、定時退勤することに文句を言える人などいない。もう一つは仕事終わりの予定を固めること。予定があれば、定時退勤せざるを得ないため他者の目を気にするどころではない。この場合、直近になって仕事が終わらないからと予定をキャンセルすることはオススメしない。自分の信用を毀損する行為だからだ。

他者の目を変えることは、仕事の成果を上げる手法と似ている。自分が実践したのは朝早く出勤すること。なぜだか分からないが、朝早く会社にいるだけで評価される職場も存在する。あの人は定時に帰るけど、毎朝早く来てるから当然だよねと思わせたら勝ちだ。

諦めるのも一つの手。

ここまで他者を気にせず定時退勤する・有給休暇を取得することについて書いてきたが、結局どんな職場なのかが一番大きい。

諦めるのも良いと思う。

姑息かもしれないが、残業代をしっかり稼ぐもよし。

残業代が出ないのであれば、仕事をせずに勉強やネットサーフィンでもすればいい。

何をするにせよ、自分で選択することが一番大事なことだ。